2017 / 07
≪ 2017 / 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 / 08 ≫

本番の画像とともに生徒の紹介を少しだけ。

ピアノデビュー間もないKゃんのセコンドはA!
米山心愛 (3)

以前、Aの成長記録について書いたことがありましたね(笑)
今は生徒であり、楽しい会話が弾む気心の知れた仲間?になってきた感じです。

教室外で
「先生のレッスンには愛があるから~」
と話していると、他の人から耳にして
私が辛口な事を言っても、ちゃんと分かってくれていると
嬉しさと心の温かさでほっこりしました

最近は後輩の育て方について語り合ったりしています・笑

小4の2人
五十嵐千華 (3)

今年は「千本桜」のデュオをしたいという申し出にの返事をしました。
Tはピアノデビュー2年弱です。
仲良しのWと合わせるために、影の努力は大変なものだったはずです。
そして超多忙のわかばも良く頑張りました。
知る人ぞ知るこの曲、高速弾き?な感じで大変なんです。

K
東晃希 (16)

中学生になり部活とスポ少とクラブのはしごで猛烈に忙しく
ピアノを習い続けることも危うい?
と思っていたのですが、スイッチが入ると凄いものですね
どうやって時間を見つけているのか?
と言う感じで、超絶技巧曲の演奏はお客様を魅了していました

そして教室男子の憧れの存在になったことは
言うまでもありません

これからは仲間を育てる立場として教室の心強い片腕として
成長してほしいと思います

M&K
綿貫史聖 (7)

Mは発表会の少し前に左手首を骨折してしまい
発表会参加を断念しなければいけないという流れになっていました

それを救ったのがKです

ギブス姿で演奏するM
綿貫史聖 (8)


Kの優しさは教室の後輩やママ達が絶賛するほどで
小さな気配り、声掛けなど、細部まで気にかけてくれています。


発表会後、沢山の保護者の皆さんや生徒から
御礼のメールを頂きました。
拝読んでいると
教室の中で繰り広げられているドラマ、
また関係者の皆さんが自分の教室として温かくはぐくんでくださっていることが分かります。

このような温かい心を持つ方達が集まるからこそ
人の心を温かく出来る発表会になるのだと思います。

代表してMのママとKのメールを紹介します。
教室の雰囲気が伝わると思います





▼続きを読む▼


littlepianist

Author:littlepianist
新潟県長岡市のピアノ教室 Nakagawa Piano Schoolです。

生涯ピアノを楽しむ事の出来る生徒育成に、情熱を傾けているmami先生の教室&プライベート徒然ブログです。

生徒さんに向けてのお知らせは、パスワード設定をさせて頂いています。


ご質問等は、メールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

趣味ブロの教室ブログランキングに登録しています。
趣味ぶろ 教室ブログランキング
入会に関するご質問、ご相談などお気軽にお問合せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文: