2017 / 09
≪ 2017 / 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 / 10 ≫

1か月半後に発表会を迎えるので、
日頃2週間に1回しかレッスンに通ってこない生徒達も
毎週顔を出すスタイルに変わってきました。

生徒の面目のために名前は伏せますが(笑)
昨日やってきたAはとにかく初見に強いのです!
彼女に限らず、導入時期から毎日きちんと練習を積み重ねていくと
個人差はありますが初見力は確実に上がっていきます。

そして自分である程度音楽を作る事が出来るようになってきます。
これは幼児からはじめた生徒に限ったことではなく、
小学校の中高学年で始めた生徒も同様です!


彼女がここまで成長するには歴史があります(笑)

一人っ子で親族に孫は1人と言う愛情いっぱいの環境で育ったA
年長の頃、ママとおばあちゃまに連れられて教室にやって来ました。

「幼稚園のお遊戯会にも出られないくらい気が小さくて、全員参加の発表会だそうですが心配です。」
と言う話が最初でした。

2年生の時だったと思います。
練習してない教本は
「忘れました。」(毎回同じ教本@ブルグミュラー)
となかなかの知能犯ぶりも発揮していました(笑)

3回連続して忘れたときのこと。
「今日で3回目だから家に電話をしてお母さんに持ってきてもらうよ!」

「家にお母さんはいない」

「じゃぁ、Aがとりに行っておいで」


とビシッと言い放つと
ビービーギャーギャー泣きわめきました(笑)
↑これAのレッスンではわりと頻繁な光景でした

しかし、
彼女の戦略だと分かってきていたので

「泣いてもダメだよ、楽譜は来週必ず持ってきてよ、レッスンにならないから早く泣き止んで!」
と泣き止むのをジッと待っていました。

内心どうなることかとヒヤヒヤしていましたが

泣くだけ泣いて、無駄だと分かったのでしょう(笑)
ピアノを弾き始めました

レッスンの終わりには、自分で泣き止んでレッスンできたことをほめてあげたはずです?

これを機に、彼女は変わりました。

泣いても無駄、やることはやらなければダメ
出来なかったときは正直に言う!

レッスンスタイルは園児の頃から自立型レッスンで、
心配していた割にママはなかなかワイルド!
たぶんママがレッスンに付き添ったのは最初の1回だけだったはずです。

今にして思えば、Aが叱られていようが泣いていようが
頼る人がいなかったわけですからそれが吉と出たのかもしれません?

中学年の頃はだんだんレッスンも本格的になり
叱られたり、まあいろいろあったと思いますが
厳しい(時々)レッスンも乗り越え、今では初見力抜群!
困ったときにはすぐに助っ人となってくれる頼れる生徒の一人です

そしてレッスンは、いつも穏やかに進みます。

今年は受験生なので(これでばれちゃう?)
ちょっと遠慮気味に曲を渡したら、物足りないらしく何かやりたいというので
デュオ曲を渡しました。
デュオですから相手が必要です。
突然のお願いを聞き入れてくれるのは誰かな?

今日は同じ中学の後輩に頼みに行っているはずです。

「やりたいなら自分でお願いしてみて!」
と突き放しましたので^^;


さて、結果はいかに?

私のレッスンスタイル
導入~基礎、発展位までは口うるさいし、厳しい面もあります・・・



練習の習慣が身に付き、ある程度音楽を自分で作れるようになったころから
レッスンのスタイルが変わります

ディスカッション形式、音楽をどのように作りたいかなど
話し合いながら作っていきます。


このスタイルに変わると
「先生が優しくなった、自分の演奏が良くないからだ、見捨てられた
と思う生徒もいるようです(笑)
※実はわが娘もこのタイプで、最近ようやくそうではないと言う事に気付いたそうです。

高学年になったら、だんだんフレンドリーなレッスンに変化するのは
良いことですので、近い将来そうなれるように、
毎日コツコツと練習、積み重ね!頑張りましょう

ママ達は、口は出し過ぎず(または出さず)
だけどちゃんと見守ってあげている(放任ではダメです!)
導入期(習いたての頃)はレッスンで行ったことを毎日反復練習。
(園児~1年生くらいはこの時期はレッスンに同室された方が好ましいです。)
多分最初は10分もあれば終わるはずです。
これを毎日続けることで、少しずつ時間が伸びても練習が出来る子に育ちます。
成長させるコツでしょうか?

発表会前は神経質になりやすいですが、どうぞ温かく見守ってあげてくださいね^^
子供たち一生懸命頑張っていますので



保護者の皆様のご理解のもと、
生徒とマンツーマンで向き合うレッスンスタイルでやって来ましたが
10月最終週、
仕上がりつつある生徒もそうでない生徒も
お披露目会が出来たらいいなぁ~と検討中です^^

これ、かなり子供たちは緊張しますので
早めに経験し、本番までに度胸を付けて
普段の練習の成果を発揮し、最高の演奏をしてほしいと思います



littlepianist

Author:littlepianist
新潟県長岡市のピアノ教室 Nakagawa Piano Schoolです。

生涯ピアノを楽しむ事の出来る生徒育成に、情熱を傾けているmami先生の教室&プライベート徒然ブログです。

生徒さんに向けてのお知らせは、パスワード設定をさせて頂いています。


ご質問等は、メールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

趣味ブロの教室ブログランキングに登録しています。
趣味ぶろ 教室ブログランキング
入会に関するご質問、ご相談などお気軽にお問合せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文: