2017 / 08
≪ 2017 / 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 / 09 ≫

暑いです
熱中症にならないように、みなさん水分補給を忘れないでくださいね


お気に入り画像を1枚
海
海に行きたいです
水着にはなれませんが




さて、某大学の先生とお話しする機会がありました。

うちの教室の生徒さん達を高く評価して下さっている先生です。
研究室のゼミの時にアネゴ達の後輩達への心遣いなどについて話した事もあるそうです。


それは、発表会の様子をご覧になって
教室の一員として皆のために協力し合うことに喜びを感じている様子を感じ
演奏する姿からは皆さんに喜んでいただけるようにという想いが伝わっているからです。



今回先生とお話をさせて頂き印象に残った言葉は


「これからはピアノを習っている(習っていた)学生を募集したいですね。
ピアノはイメージ力が必要ですし練習しなければ絶対に上達しませんから
そういう点で研究者向きかも知れません(笑)」


※実は先生もピアノが弾けるので研究とピアノについて熱く語り合っています


そういえば大学の先生方がお子さんにピアノを習わせる確率は
ものすごく高いですね(笑)



どの世界も結局は同じなのでしょうが、
研究とピアノには共通点がとても多いといつも思います。

コツコツと積み重ねる。

言われたことだけを意味も分からず行うのではなく、
目標を定め、そこに向けて勉強(練習)する。考える(イメージする)。

その積み重ねの結果、良い成果(演奏)が生まれる。

頭(テクニック)だけではなく心を遣う事が大切。

目先の結果だけではなく、将来を見据えて勉強する。

修士学生が卒業を控えた時期大変なのは、
積み重ねる必要のあった基礎力とイメージ力が乏しいかったため。

積み上げてきたものが少なかった為(?)

やはりやるべき時には一生懸命やる必要があるのでしょう。
甘い言葉や生活では越えられないものがあるという事でしょうか。

大学院生を相手に仰っている内容とは全く違うかも知れませんが
そのハードルを子供たちのレベルに合わせたとしても、
それはやはり当てはまるように思いました。

この前の(こちらから)6年生座談会でも分かりますが
生徒たちの目標に向かって積み重ねる姿と協力体制、
お客様に喜んで頂きたいという気持ち
先輩に対する感謝と後輩へのいたわり

これらは子供たちが健やかに育っている証しだと、嬉しくなりました。

これも保護者の皆様の幼少からの躾けや家庭教育の賜です!
教育は家庭が基本なのですから


最終的には素直な心と思いやりや感謝
そして集中力と頑張る力を備えているかどうかなのです。

基本の軸がしっかりしていれば
良い教育を受けた時に吸収する力も大きいという事ですね



これからどんな夢に向かって行くにも、
ピアノで培った事は、必ず役立ちますよ

私の自慢の生徒達、これからも一緒に頑張ろうね

**連絡**
8月のカレンダーの上に大切な連絡事項を記しています。
まだ対応されていらっしゃらない方は至急お願いいたします。




littlepianist

Author:littlepianist
新潟県長岡市のピアノ教室 Nakagawa Piano Schoolです。

生涯ピアノを楽しむ事の出来る生徒育成に、情熱を傾けているmami先生の教室&プライベート徒然ブログです。

生徒さんに向けてのお知らせは、パスワード設定をさせて頂いています。


ご質問等は、メールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

趣味ブロの教室ブログランキングに登録しています。
趣味ぶろ 教室ブログランキング
入会に関するご質問、ご相談などお気軽にお問合せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文: