2017 / 09
≪ 2017 / 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 / 10 ≫

人によって拘るものは違うと思います。
例えば、車だったり洋服だったり。

私の場合は?

私が大切にしていることを
娘も知らず知らず受け継いでくれているエピソ-ドがありました。

長女は今週末から、指導している生徒さんたちの発表会が始まります。
初めて生徒さんをステージに送り出す準備に愛情を感じました。

若い講師はまだまだ経験もありませんから、
学んできたことをそのまま直ぐに指導できる中級以上の生徒のレッスンは
充実したものが出来ますが、
導入・基礎の生徒の導き方は大変です。

先日、初めて指導方法について相談を受けました。
そこで娘を生徒に見立てて、実践レッスンを行い、
どのように導いたら生徒に分かるか!
かみ砕いた説明の仕方などを伝授しました。

そして早速それをレッスンで実践したところ、問題は解決したそうです。

笑顔で発表会を迎えられそうです。
良かった良かった(*^_^*)

さて、娘が担当している生徒さんの7割が初めての発表会です。
親子ともに、どんな様子か不安だろうという事で、
「発表会を迎えるにあたって」というお手紙を作成していました。

また子供さんたちには可愛らしい楽譜を作成、
衣装についても、保護者の方達に連絡をして、
娘が小さい頃に着たドレスを貸し出すことにしたようです。
大きなステージに見合うマナーを実践でお伝えするという事でしょうか・笑
ドレスを引っ張り出し、1枚ずつ写真を撮り、サイズを書き込んで連絡していました。
(やるじゃない・笑)

そして今週はそのドレスを持参してレッスンに行き、本番練習をしたそうです。
ステージマナーもバッチリだそうです。

何気に見てきた教室のスタイルが自然に身に付いていたんですね(*^_^*)
知らず知らず受け継がれている教室の伝統\(^o^)/

子供たちが可愛らしく変身していく姿
発表会弾き合い会の様子を見ていた保育園の先生たちからは
歓声が上がったそうです。

引継ぎをして丸3か月、
その間で譜読みから仕上まで持っていくことは大変だと思います。
最高の状態にしてあげたいという気持ちも伝わります。

娘「本番の練習が足りないから、追加のレッスンをしてあげたいんだけど〇〇保育園に連絡してお願いしてみようかな?」
私「それはS先生(指導講師)の先生に確認してからじゃないと、勝手な判断はダメ!
あなたは〇〇に所属しているんだから、ルールを守らないとなんだよ!
勝手な行動は絶対にダメ、常に報連相だよ
社会の、いや人としての常識ヽ(`ω´*)ノ彡☆」

S先生に相談した結果
「レッスンをやりたいの?」
と聞かれたそうで、
「はい」
と即答したそうです。
「後で調整してね」
と許可をいただき、その後保育園に連絡をしてこちらも許可をいただき
無事レッスンをする運びとなりました。

片道40キロ離れた教室まで週に3回、
これは生徒たちに成功体験をさせたいという真心です。


生徒をステージに送り出す緊張と感動、
生徒や保護者の方たちの笑顔が何よりの喜びと感じるでしょう。

若いうちは修行が大切です!

損得や斜めな心で行動するのではなく、
真心で接することを覚えてほしいと思います。

決してお金で買うことの出来ない大切なもの、
「人としての質、真っ直ぐな心、誰かのために一生懸命になれる事」
これらの大切さを改めて感じてほしいと思っています。



▼続きを読む▼


littlepianist

Author:littlepianist
新潟県長岡市のピアノ教室 Nakagawa Piano Schoolです。

生涯ピアノを楽しむ事の出来る生徒育成に、情熱を傾けているmami先生の教室&プライベート徒然ブログです。

生徒さんに向けてのお知らせは、パスワード設定をさせて頂いています。


ご質問等は、メールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

趣味ブロの教室ブログランキングに登録しています。
趣味ぶろ 教室ブログランキング
入会に関するご質問、ご相談などお気軽にお問合せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文: