2017 / 08
≪ 2017 / 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 / 09 ≫

母の日を皆様いかがお過ごしでしょうか。
娘達から母の日のプレゼントにと
可愛らしい花束とWedgwoodのガーゼハンカチーフを
プレゼントしてもらいました。
ありがとう
DSC_2215.jpg

さて春から社会人となった娘。
音楽業界の厳しさを実感しています。
何を実感しているのかというと
音楽大学で学んだピアノの世界と実際現場で指導することは
かなりかけ離れているという事です。
そして薄給(笑)
当たり前です、今は修行の時😁
最初から待遇がよかったら、
人としてダメになりかねません❗

新卒の場合、
自分が学んできたことをそのまま指導できる中級以上の生徒さんには
とても充実したものを生徒たちに伝えることができます。
※ピアノに関してだけです、人生経験はまだまだですからそこは履き違えないように笑

しかし地域密着型音楽教室に所属する娘は
グループレッスンで3歳児を
ピアノも前任の講師から引き継いだ生徒さんもいますが
春から入学した園児や新1年生の指導もしています。

どのように導入期の生徒を指導していくのか
児童心理はもちろんですが、細かな研修を積ませて頂けることは
本当に有難いことです。

音楽大学を出たから
指導者になれるわけではありません。

娘もそれに心から気づいた様子です。
小さな生徒たちをどんな風に導くか。

謙虚に学び指導する
自分が担当した生徒たちが成長していくお手伝い
そして成長を喜びと感じる指導者となってほしいと思います。

また今年度既に決まっているだけで、5本のステージを楽器店から用意して頂きました。
卒業後、ステージで演奏する機会はだんだん減っていきます。
このような環境を提供して頂ける事にも感謝しなくてはいけません。

月末は東京でも勉強会で演奏する機会をいただきました。
指導するとともに、自分の腕をどんどん磨き、
生徒たちにいい影響を与えてくれる予感がします。

楽器店での研修に加え教室の生徒たちのレッスンもサポートしてもらっています。
と同時に
mami先生オリジナルの
一人で読める・弾ける・楽しいの法則
導入基礎時期の生徒たちの指導法を伝授しています・笑
DSC_2211.jpg

生徒を真ん中に両脇をmami先生とsayaka先生が囲んでのレッスン♪
なせこのようなレッスンをするのか
速読できるための指導法
読譜が簡単に出来る秘伝
なぜこの教則本を使うのか
なぜ練習曲の順番を変えて指導するのか
なぜたくさんの曲を課題とするのか
そのほかもろもろ(保護者の方達がやり取りを聞いて頷いてくださっています・笑)

それと同時に、指導する立場、
先生と呼ばれるものとしての自覚と責任( ̄^ ̄)ゞ
誠実で正直であること!



受講した生徒たちは2:1で行うこのスタイルがお気に入りのようです(*^_^*)

sayaka先生の時間があるときはこのスタイルでレッスンを進めます
みんな楽しみにしていてくださいね

そして中高成人の生徒さんのレッスンも少しずつ関わり始めました。
sayaka先生、沢山の学びをピアノはもちろんですが
人としても素晴らしい先生方から学びを継続中ですから、
生徒の皆さんに良い刺激を伝える事ができる予感です。
ただし、それに安心せず、
mami先生、常に報連相で対応していますよ


littlepianist

Author:littlepianist
新潟県長岡市のピアノ教室 Nakagawa Piano Schoolです。

生涯ピアノを楽しむ事の出来る生徒育成に、情熱を傾けているmami先生の教室&プライベート徒然ブログです。

生徒さんに向けてのお知らせは、パスワード設定をさせて頂いています。


ご質問等は、メールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

趣味ブロの教室ブログランキングに登録しています。
趣味ぶろ 教室ブログランキング
入会に関するご質問、ご相談などお気軽にお問合せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文: