2017 / 04
≪ 2017 / 03   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2017 / 05 ≫

piano party準備、着々と進んでいます
昨日は保護者の皆様は打合せを。
生徒たちは練習会を。
そして私も立ち会わせて頂きました。

いや、本当に皆さんすごいです!

ご来場くださったお客様や生徒さん達に喜んでもらえるアイディア満載です
この行動力、やっぱり保護者の方達天晴です

昨日の様子in千の森
カフェでママたちは打合せ中、
子供たちは思い思いに過ごしています。

お昼寝していた妹ちゃん、寝起きのご機嫌が悪かったり
姉弟ゲンカが始まったり
ボール遊びにトランポリン
そんな中でも練習をしていたり

この自由さ(笑)



沢山のご来場お待ちしています♪
IMG_20170429_222246.jpg


IMG_20170429_222811.jpg


IMG_20170429_223021.jpg


中学1年生になったりょーすけ
野球部に入りました!
もともと坊主の黒メガネ(笑)で教室はもちろんですが
学校でも有名だそうです( ^ω^ )

トレードマークの坊主がパワーアップしていますねヾ(・∀・)ノ
DSC_2017.jpg

中学生になってもピアノの練習は欠かさずやっているそうです。(ママ談)

ピアノに限らず、スイッチが入ると子供はどんなに忙しい環境になっても
隙間時間をやりくりするようになります。

ピアノは特にコツコツ練習しなければいけないお稽古事です。
これをちゃんとできるという事は、勉強にもつながります。

今年の発表会曲、
りょーすけの持ち曲としてずっと弾き続けてほしいと
弾いている横顔を見ながら思いました。

りょーすけらしい選曲です。

りょーすけのピアノデビューは小学3年生。
少し遅いスタートですが全くそんなことを感じさせません(^-^)/

これからも楽しいことを考えて実行していってくれるだろうと
mami先生、楽しみにしています。

ピアノ教室からの連絡をメールで発信していましたが
大きな容量の添付書類、グループ送信などを行うと
エラーになってしまう場合もしばしば。

そこで試しにと始めたのがグループラインです。
使い方を間違わなければ、とても便利だなぁ・・と感じるこの頃です。
さてこのグループラインが嬉しい活動につながりました。

中1になったなお、
ママからいらなくなった自転車があるので、
もしよろしければ教室のどなたかに
もらっていただきたいと
写真も添付されてメールで送られてきました。

今までこちらから発信専門だったグループラインですが
初めてコミュニティとして発信しました。

申し込み3件、抽選の結果、
なおから自転車を譲ってもらったのは、かんだ3兄弟です
双子ちゃんに続き、
お兄ちゃん@ゆうきもピアノデビューしました。
皆さん、仲良くしてあげてくださいね(^∇^)ノ

譲渡前日、
なおは自転車に感謝の気持ちを込めてピカピカに磨き上げたそうです。
素敵なストーリーがまたここに生まれました。

これからも教室のコミュニティの場としても
マナーを守って活用して頂ければと思います。

大切に使ってあげてね
DSC_2009.jpg


夫主催の芦原カラテ教室、無料体験練習会を
4月23日(日)AM10:00~11:30まで浦体育館に於いて開催します。

どなたでも参加できますので、お気軽においでください。
事前連絡は不要です。
当日直接会場にお越しください。
Screenshot_2017-04-19-06-49-35.png


●芦原カラテとはどんなカラテ?
カラテと言ってもいろいろな空手があり、
大きく実戦カラテと型カラテに分けられます。

芦原カラテは国内政府シークレットサービスや
諸外国の政府関係者護衛術として取り入れられている実戦空手です。
国内に176支部、海外に180の支部を持っています。

長岡支部ではメジャーリーガー イチロー選手を始めとする、
多くのプロスポーツ選手、オリンピック選手の多くが実践している
初動負荷トレーニングも稽古に取り入れています。


●初動負荷トレーニングとは
リラックスした状態で最初に身体の中心部(根幹部)が柔らかく
しなやかな力を出し、それが末端の方へ伝わる様式です。
自然に楽に大きな力を出させながら、神経と筋肉の協調性を高め、
血流、代謝を活発にし、反射を促進する心地良いトレーニングです。


芦原会館は明るいムードの中で練習が出来ます。
是非これを機会にご参加ください(^-^)/


▼続きを読む▼


生徒ちゃんがレッスンの時に
「先生にあげる、すいせんだよ、お庭に咲いていたの。」
と言ってプレゼントしてくれたお花です

ありがとう
DSC_1971.jpg

そういえば娘たちが保育園の時、
先生に庭の花や、保育園までの道中、野草を摘んだりして
持って行っていたことを思い出しました。

ほのぼのとした温かい気持ちになりました。(*^_^*)
子供の優しい気持ち、ずっとずっと大切に育てたいですね。

新年度を迎え、生徒たちは学校の様子を楽しそうに聞かせてくれます。

今日、午前中最後のレッスンは、1年生になったサキ
学校の様子と共に、お弁当の話になりました。

忙しい中でのお弁当作り、
ママはおかず作り担当で、パパはおにぎり担当だそうです。
スマホにパパの作ったおにぎり画像があるというので、
見せていただきました。


あまりの力作に、
ブログに載せたいと、お願いして画像をいただきました。

画像を私に送ってくれているところです。
微笑ましい姿にパチリ
DSC_1964.jpg


パンダとふなっしーにはリボンがついています
ゴマちゃんのひげはゴマをすりおろしています。
カレーパンマンはカレー味のおにぎり🍙
きっと名前があるのだと思いますが、
子育てが終わったmami先生にはわかりません^^;
ダルそうなキャラクター(笑)、かわいすぎです(*≧∪≦)
IMG_20170415_182844.jpg

パパ、頑張っていますね~ (」*´∇`)」
子供に喜んでもらえるように、キャラおにぎりです。
かなーり早起きされて作っているそうです。

愛に溢れたおにぎりです


さくらとちーちゃんです。
みんな仲良くしてあげて下さいね😉
DSC_1956.jpg

一足早く入門したお姉ちゃん@さくらに続き、
妹@ちーちゃんも今月、ピアノデビューしました。

今日はちーちゃんの2回目のレッスンでした。
DSC_1953.jpg

集中のお顔ですね(*^_^*)
楽譜を見て弾いているちーちゃんの後ろで、
「すごーい
と言って、さくらが拍手してくれます。

ちーちゃんも嬉しそうに、さくらのほうを振り返ってニコニコしています。

小さな妹ちゃんがいるので、レッスンは2人だけ。
お家では、さくらが先生役をしてくれているそうです。

今日も
「さくら先生、ワークブックのここからここまで宿題だからお願いね。
答えは教えず、もし分からなかったらヒントを出してあげてね。」

と、ワークブックの説明をしてレッスンを終えました。

頑張って練習してきてね!
来週も待っているよ。(^-^)/



ひな(中1)&はるか(中3)
DSC_1952.jpg

妹のひな
最近の成長ぶりには目を見張るものがあります。
ママも驚くほどの練習の虫になったそうです。

今年の発表会曲は、大人っぽいメロディが耳に残る
素敵な作品です。

頑張れ~!(*^_^*)!


姉のはるかは市内最強バレー部に所属、副部長です。
そして中学ではピアノ伴奏全般を受け持つという頑張り屋さん
部活、勉強、ピアノと隙間などないほどのスケジュールをやりくりして
どれもすべてとことんやるタイプです。

今年の発表会曲としてはるかが選曲して持ってきたのは、
壮大な音楽が広がるジブリ曲。

お客様目線で楽しんでいただける選曲をしたそうです。

本番、楽しみにしているよ。(*´∀`人 ♪


今朝はみほこさんのレッスンでした。
DSC_1946.jpg

憧れのピアノを始めて3年が経ちます。
ピアノは癒しだと仰るみほこさんが今年の発表会で挑戦するのは
癒し系の作品です。

大人の初心者生徒さんの場合、
子供のように右脳で瞬間にサーッと読みながら弾く、
というスタイルとはちょっと違います。

理論的に組み立てながらゆっくり仕上げていきます。

譜面を読みやすくするために、色分けしてありました
DSC_1939.jpg

譜読みは終了\(^o^)/
お仕事の合間によく頑張りましたね!

テクニックに加え、発表会曲も目途がついたので
今日から残りわずかとなったバイエルの練習も復活です。

今年の発表会、中学生以上は9月開催になります。
学生の皆さんはこれから譜読みに入ります。
みんなで良い演奏会に出来るよう、頑張っていきましょう





高校入学した生徒たちとお祝い会をしました。
DSC_1929.jpg

個室空間を満喫贅沢なコース料理です
手配してくれたこーきママ、ありがとうございました。
20170409225403.jpg

新高校1年生、5人が久しぶりに揃いました。
みんな大きくなったね
一人も欠けることなく、ピアノを続けてくれている事、
幸せに思います。
DSC_1931.jpg

ママたちとも久しぶりにお会いできて懐かしい話に花が咲きました。
DSC_1934.jpg

生徒たちからはプレゼントとお手紙ももらいました。
mami先生、感激です
ありがとうね
DSC_1937.jpg

ピアノ教室を通して出会い繋がった仲間たち
とっても素敵なつながりですね

来年も、そのまた次の年も
こんな風にみんなの進学をお祝い出来たら嬉しいです。

今年、小中高入学する生徒たち、入学おめでとう

新しく始まる学校生活、
小学生はたくさんのお友達ができますように
中高生は、毎日を一生懸命過ごし充実した学生生活でありますように

高学年になってもずっとピアノを続けているみんなに感謝しています。
成長をずっと見守れる幸せを感じています。

ありがとう (´∀`*)


水曜日の最後は中学1年生のレッスンが続きます。
最後の2人
DSC_1915_201704072337222ed.jpg


今でも楽譜が大量で大変だというのに
長女が帰省して、とんでもないことになっています
只今越路教室崩壊中ですが、週末新しい書棚が入る予定ですので
見ないことにしていて頂ければと思いますヾ(・∀・)ノ



今日は可愛らしい自主学習ノートをご紹介します

レッスンを始めて間もない小さな生徒たち
右脳で音符を読めるようになると、少しずつ左脳に移行する準備をはじめます。

最初は線と間の区別、音符を順番に書く練習
そしてト音記号、ヘ音記号の練習
大譜表へとつなげていきます。

音符を線と間、順に書く練習をしているケイト
レッスンの終わりに見せてくれた自主勉強したノート、
可愛らしさに大爆笑でした


うんうん分かるよ、ト音記号だよね
そして音符は私がいつも言っている事も書いています(笑)

少し早いですが、ト音記号の練習をはじめました。
そしたら御覧の通り、あっという間に書けるようになっちゃいました

ケイト頑張りました(^∇^)ノ花丸です
IMG_20170330_145748_954.jpg


新年度が始まってしまいましたが、
我が家の娘達、3月にそれぞれ卒業しました。
改めて思うのは今があるのは支えてくださる方たちがいるからだということです。

長女は妹夫婦の家に4年間もの間、住まわせてもらいました。
娘が上京するにあたって、防音練習室を作ってもらい
ピアノはshigeru kawaiという贅沢な環境でした。

安心と贅沢な環境で何の心配もなく勉学に打ち込めたのは妹夫婦のお陰です。

妹は新婚間もないというのに、私の出産時期には
東京から実家に戻り、働く母に代わり、長い期滞在し
家事や娘たちのサポートをしてくれていました。

何か月もの間、実家に帰省させてくれていた義弟にも感謝しつくせません。
そして音大進学を決めたとき、
「うちに来ればいいよ」
と言ってくれたのでした。
本当にありがとう


続いて二女。
二女の高校生活は部活(ダンス部)と勉強に明け暮れる毎日。
クラス担任は生徒の自主性を尊重してくださる先生で
生徒たちは、のびのびとした中、クラスは団結し
イベントはすべて優勝

勉強でも学年で一番の結果を出すクラスでした。
文武両道!やるときはやる!はじけるときははじける!
一生の友と言える仲間にも出会えました。

そして、なんといっても
心から尊敬できる塾の先生との出会いは娘の宝物です。
現在までに導いてくださっているのは先生です。

命を削ってのご指導は
勉強だけではなく生きていく上で大切なことも、学ばせていただいています。
1日のほとんどを先生の傍で過ごせることは
贅沢さと共に、申し訳ないとも話していました。

この贅沢な環境に身を置けることに感謝するとともに
恩返しを結果にする決心で、1年を過ごすと話していました。

謙虚に学び感謝する姿には、手前みそではありますが成長を感じ
とても嬉しく思います。



娘たちの今があるのは、つくづく周りの方達のお陰です。

感謝を忘れず、今度は自分がしてもらっているように
誠心誠意の真心で、携わる全ての方達と接してもらいたいと思います。



▼続きを読む▼


生徒ちゃんの2016年度出席カード
休まず頑張った証ですね
DSC_1908.jpg

そして今年の出席カード、グリーンで作成しました。
今年度、第1回目のレッスンの際、お渡ししています。
DSC_1912.jpg

今年度もみんなで楽しみながら頑張っていきましょうね


littlepianist

Author:littlepianist
新潟県長岡市のピアノ教室 Nakagawa Piano Schoolです。

生涯ピアノを楽しむ事の出来る生徒育成に、情熱を傾けているmami先生の教室&プライベート徒然ブログです。

生徒さんに向けてのお知らせは、パスワード設定をさせて頂いています。


ご質問等は、メールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

趣味ブロの教室ブログランキングに登録しています。
趣味ぶろ 教室ブログランキング
入会に関するご質問、ご相談などお気軽にお問合せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文: