2017 / 01
≪ 2016 / 12   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 / 02 ≫

PTNA教室紹介担当者の方から
生徒さんたちのアンケートを掲載したと連絡をいただきました。

アンケートの回答はこちらからどうぞ。


たくさんのご回答をありがとうございました。\(^o^)/


生徒募集のおしらせ
新年度前に入室可能なレッスンは以下の通りです。
プレ導入15分レッスン、大人の初心者クラス
(越路・長岡教室共に平日の~15:30まで)

新年度の各クラスの募集については、
3月中旬にお知らせいたしますので宜しくお願い致します。



昨年2月、年少でピアノを始めたトア
まもなくピアノを始めて1年になろうとしています。
毎日の朝練も定着し、自分からピアノに向かうので
ママはラクチンだそうです
(というかトアに付いていけないと仰っていました・笑)

DSC_1573.jpg


まだまだ小さな年少さんがピアノを始める場合、
月齢や体格、指年齢などなど、色々な角度から
タイミング的に大丈夫ならレッスン開始!
もう少し待ったほうが良い場合はその理由を説明し、
ご理解を頂いています。

トア、15分レッスンから始めました。
え?たった15分のレッスン?

と思われるかも知れませんが、
保護者の皆様はこの15分のマジックに驚かれます・笑

そう!小さな生徒ちゃんの導入期は15分で十分なのです。

まもなくレッスンを始めて1年を迎えるトア
レッスンも30分になりました。
30分のレッスンも最後まで集中できます。
初見で両手奏もスラスラ。
今ではバイエル上巻も真ん中まで進みました。

集中のお顔、伝わってきますね



そして今週はレッスンがお休みだったのでレッスンに来なかったミウも
レッスンがあることを待ち焦がれているようです

幼稚園で行われた5歳のお誕生日会。
幼稚園の先生から渡されたメッセージカードに書かれていた言葉o(^▽^)o

ピアノがミウの生活に深く親しまれていることがわかりますね
レッスンや発表会のごっこ遊びをしているみたいです・笑
20170127231622.jpg

*お知らせ*
4月より小さな生徒さんの15分枠
大人の初心者のためのクラス生徒さん募集をします。
お問合せフォームよりお気軽にご連絡ください。


1月25日 表参道カワイ「パウゼ」で開催された
昨年末から教室のサポート講師としてお手伝いして頂いるピアニスト
清水信守さんのソロリサイタルに行ってきました。
会場は100名を超えるほぼ満席、
演奏会は彼の人柄を表す温かい雰囲気で、
しゃれた雰囲気の中にユーモアあふれたMC
演奏は聴けば聴くほどに味わいを感じる心地よい時間でした。
そして最後はスパイスの効いた曲でまた違った一面を見せてくれました。

また聴きたい!
と思わせる中毒性のあるピアニストです。


今回、教室でもリサイタルにむけてお手伝いヽ(´∀`)ノ

事前準備は私が、
当日の表方(受付周り、ドアなど)は娘と姪、甥が行いました。

来年も開催予定のようですので、今から楽しみです


長くフランス留学していた清水先生にちなんで受講生一同からお祝いを
フランスで修業された方が経営されている表参道のフラワーショップにお願いした
こだわりのお花をプレゼントしました。
清水先生のイメージ=クラシカルピンク
1485427333373.jpg

当日の様子
娘のマネジメント力と気配りに驚き
初アルバイトの姪甥っこ、
パウゼマネージャーさんからもお褒めの言葉をいただきました。
IMG_20170127_110054.jpg


▼続きを読む▼


コンクール、あまり教室ではなじみのないことですね。

それには理由があります。

先生のためのコンクールになってはいけないということ!
コンクールが生徒(保護者)間の競争になってはいけないということ!
コンクールに受賞することをステータスと思わないこと!

子どものうちからそんなに見せなくていい世界かな?と思います。

これを十分に理解した上で、それでも自分と向き合うために
エントリーする場合もあります。

昨年秋、花音がコンクールに挑戦することを決めました。

コンクールにもいろいろありますが、このコンクール
全国的な2大コンクールの1つです。
簡単にエントリー出来るという場所ではありません。

このコンクールで地区大会は金賞受賞で通過

コンクールに重きを置いていないので
慣れていない花音はかなり緊張したと思います。
長い期間かけて準備をしたり、
沢山のコンクール経験をしたうえで、挑戦している生徒が大勢いるとわかりました。

ステージ裏でほかのお友達の演奏を聴きながら
どんな気持ちでいたかと思うと、指導者ではありますが我が子を思う母の気持ちでした。

私の指導方針はコンクール練習に入ったとしても、練習曲はいつも通り行います。
結果よりもまず、その子の成長した先を考えて行っています。

決して先生のためのコンクール、親のためのコンクールになってはいけないと思っています。

先生や親が必死に教え込み、弾き込ませた演奏にはしない。
自分自身で作曲家のこと、曲のことを調べ、
どんな風に弾きたいかイメージさせる。
そしてそれを音にしていく。

生徒の作り上げた演奏の方向が違っていた場合は修正する。
押し付けはしません。
レッスン中、保護者の入室も録画録音もなし。

すぐに結果が出なかったとしても、自立した練習の出来る生徒
自分の音楽が奏でられる生徒として成長するのです。

もしレッスンで注意されたことを覚えきれていなかったとしても良いのです。
次のレッスンで同じことを言われたときにハッとする。

これが聞く力、集中力につながります。
親が必死にメモしたり録画してそれを家庭で行うというやり方は
将来的に自立しにくくなります。

今回のコンクール、花音は残念ながらアジア大会に進出することは出来ませんでした。

でも私は花音の成長、凄いものだったと思います。
よく考えて、たくさん悩んで花音らしいの演奏を作り上げていきました。


あとから大好きなピアノがほんの一瞬大嫌いになったこともこっそり教えてくれました。

でもすぐにそんな気持ちも吹き飛んで、いつも通りピアノに向かっています。
そして改めてピアノが好きだと思ったそうです。

逞しいです。
私が一番ダメージを受けていたかもしれません・笑



結果発表後、初めての悔し涙はきっと大きな力になると思います。

そして教室でともに学ぶ仲間からの応援メール
いい結果が出るようにと持たせてくれた仲間からのお守りをずっと握りしめていました。

結果を知らせたときに、心のこもったメールが返ってきたそうです。
「挑戦することがクール」
なんていう、かっこいいメールももらったそうです。

良い仲間が花音にも花音ママにもついています!
こんな風に温かい気持ちの生徒や保護者の方達が在籍してくださっていること、
mami先生の自慢です。

みんなありがとう!

花音ママがおっしゃっていました。
「市民音楽祭の後、先生がコンサートを提案してくださった理由がわかりました。」

結果は決していい時ばかりではありません。
それはよく理解していても、実際にその立場になった時
やっぱり辛いのです。

そこに意識をとどめず、その先に繋げていく何かが必要なのです。

弱い立場の気持ちにも気付けるようになりました。
辛い思いもしたけど花音は一回り大きく成長しました。

冬休みもお正月も返上して、よく頑張りました!
お疲れさまでした

DSC_1522.jpg




▼続きを読む▼


長い期間上京していました。
一人で過ごす時間も多く、しかしショッピングなどをする体力もなく
どうしようかな?


そこで映画館へ向かうことにしました。

目にして、迷わず決めたのがこちらです。
中島みゆきConcert「一会(いちえ)」2015~2016劇場版


小さいながらも発表会を演奏会として作り上げているので興味がありました。
長女が大学で舞台に関する学びもしていることもあり
日頃からいろいろ話を聞いていましたし
超一流と言われている方たちがどのようにステージを作り上げているのか
とても興味がありました。
そして私の尊敬するH先生もファンでいらっしゃるので

感想は
大迫力と圧巻のステージを拝見させていただいた、と言う気持ちと
人の心を動かす魂の歌、またそれを支えるスタッフ、ミュージシャンの素晴らしさに
胸がいっぱいになりました。

またリハーサル風景の映像では、良いステージを作り上げるために
舞台監督は拘って細部まで入念に指示をしている様子が映し出されていました。
全員が同じ方を向いて取り組む姿、素晴らしかったです。

お客様目線のステージ!
私の拘っていることと一緒でした。

良いステージを作り上げるためには
急な変更なんて当たり前!インスピレーションを大切にする!
ステージを作り上げるまでは大変なこともあるけれど
お客様に喜んで頂けた事を経験することは
結果として、生徒の喜びにつながります。

保護者の方には、私のこだわりを受け止め、ご理解ご協力をいただいていることに
感謝で一杯です。
皆さまの力がなければ、生徒たちがここまで音楽大好きにはなっていないと思います。

今年も皆様に喜んでいただける演奏会(発表会)に仕上げるために
生徒と共に頑張っていきますので
どうぞよろしくお願いします!


あまりに感動したので
人生初?
音楽DVDを購入しました。
DSC_1534.jpg

劇場の感動を再び味わっています
そして発表会ステージのイメージつくりナウです

ブルグミュラー25の練習曲
小さい頃、この教本に入った時の嬉しさは
今でも鮮明に覚えています。

アラベスク、バラード、せきれい、さようなら、貴婦人の乗馬
がお気に入りの曲でした。

さて、教室でもこの教本を使って勉強していますが
色々ある出版社からチョイスして使っているのがこれです。

ペータース社ライセンス版 ブルグミュラー25の練習曲
ブルグミュラー

小さな子供たちも気分はお姉さん?
ちょっぴり教本のブランド気分を味わってほしいという思いからです。
でも値段はリーズナブル、楽譜もとても見やすいのです。


しかし

ライセンスが切れたのでしょうか?
楽器店やネットでも購入できなくなり、
中古品があったとしてもぐんとお値段が上がっています

今後購入できないと思うと
残念です(´;ω;`)







この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


迎春

昨年中はたくさんの皆様にご支援ご鞭撻をいただきましたこと
心より感謝申し上げます。

新しく始まりました2017年も真心を込めて
お付き合いさせていただきたいと思いますので
どうぞよろしくお願いいたします。

皆さまにとって幸せな1年でありますように。

DSC_1501.jpg


littlepianist

Author:littlepianist
新潟県長岡市のピアノ教室 Nakagawa Piano Schoolです。

生涯ピアノを楽しむ事の出来る生徒育成に、情熱を傾けているmami先生の教室&プライベート徒然ブログです。

生徒さんに向けてのお知らせは、パスワード設定をさせて頂いています。


ご質問等は、メールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

趣味ブロの教室ブログランキングに登録しています。
趣味ぶろ 教室ブログランキング
入会に関するご質問、ご相談などお気軽にお問合せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文: