2016 / 01
≪ 2015 / 12   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - -  2016 / 02 ≫

今日は寒波到来で突風と視界ゼロに近い状況の中、
普段の倍以上時間をかけておいでくださったと伺い
保護者の皆様には頭が下がる思いです。
いつもありがとうございます。(ほとんどが学区外の方なのです。)


さてレッスンの時に心温まるお手紙を頂くことがよくあります。

今日のレッスン、お手紙を2通頂きました


親子でレッスンに通っているきよりちゃんからは
ママのレッスン中に書いてくれた絵(お手紙)です。

同じく親子で通っているKちゃんときよりちゃんと私の3人が
仲良く並んでいる様子が描かれています。

ピアノが大好きって伝わってくる
幸せに溢れている絵(お手紙)だね
ありがとう!(*^o^*)!
160124_211024.jpg

そしてKから
発表会に娘のドレスを貸し出したのですが
返却されたドレスに手紙が添えられていました。
160124_211119.jpg


▼続きを読む▼


小さな子供のレッスン
短時間で生徒の心をぐっとつかみながら進める方法を
4か月ほど試験的に従弟の子供でレッスンを行ってきましたが
通常のレッスンと同じくらいの成果が出ることが分かりました


そこで1月から正式にレッスンスタイルの1つとして
導入することにしました。

このレッスンスタイルは特に男の子向きです。

集中力とワクワクした気持ちを大切にしながらレッスンを進めていきます。

レッスンはたった15分です。
速読のように情報を一気に入れて・・・あとは企業秘密です


ピアノランド1が終わる頃、
いよいよ通常レッスンのスタイルに移行です

その頃には30分のレッスンも、集中力は最後まで続くようになっています。

H
ピアノランド1は今日のレッスンで終了、ドリーム&レパートリー2も中盤を迎えました。
160122_210141.jpg


ママはレッスンに付き添いませんが、
手の形や姿勢に気を付けながら弾けるようになりました
宿題以上に曲をやってくるようになりました
初見ですぐに弾けるようになりました




昨日の最後のレッスンはMさん。
仕事に生かすために1年という期限付きで始めたピアノが
趣味になり、現在に至ります。

ご主人の理解と3人の子供達に応援されて
週末や深夜の練習に励んでいらっしゃいます。

さて、昨日レッスンの後おしゃべりをしている中で
お誕生日に子供達から手紙をもらったと伺ったので
見せてほしいとお願いして送っていただいた画像です。

絵は年少さんのなっちゃんが、お手紙は2人のお兄ちゃん達が書いたのかな?
発表会で着ていたピンクのドレスが描かれていますね。
IMG_5750.jpg


ママおたんじょうびおめでとう。
いつもほいくえんの先生やピアノのれんしゅうがんばっているね。
そんなママがだいすきだよ。


ママが努力している姿、
子供達はちゃんと見ているんですね

ご家庭でのほほえましい様子が垣間見られて
ホッコリしています


先日、長岡教室の調律を行いました。
季節はずれの調節の理由は
温度差です。

音色も元に戻り、一安心です。(*^_^*)
160120_144007.jpg


2016年度の生徒募集は間もなく定員に達します。

比較的早い時間のみ空いていますので
大変申し訳ありませんが
新年度、年長・小学1年生(現在、年中・年長)の方に限り、若干名
募集をさせて頂きます。

ピアノとともに、優しい心、思いやりの心、感謝の心を大切に
我が子を育てるように指導しています。

入会を検討されていらっしゃる方は
メールフォームよりお気軽にご連絡ください。

また2017年度入会ご希望の方の予約も承りますので
お気軽にお問い合わせください。

 (8)

 (8)





明日からセンター試験です。
大学では予鈴のチェックや学内案内の貼り紙、
駐車場の整備など、静かな中に緊張が流れています。
160118_091604.jpg


受験生のみんなには精一杯頑張ってほしいです。


保護者の方達から、
中川ピアノ教室について、外から聞こえてくる話を
伺うことがあります。
有難いお言葉に益々頑張らなくちゃ
気持ちを引き締めています。



さて発表会で卒業した2人。
事前打ち合わせなしで、突撃インタビューを決行しました。

飾らない2人の言葉、後輩へのメッセージは
会場の保護者の皆様やお客様の心に響いたそうです。

演奏が終わった後は、
感動で涙してしまったと、たくさんの方達がおっしゃっていました。

受験生2人、
6月までは、大変な運動部に所属して、真っ黒に日焼けした姿で
部活の後、夜遅く、
隔週でレッスンに来ていました。

部活引退と同時に、今度は毎日塾で猛勉強!
隙間時間は1時間弱!
この時間に週2回、長岡教室で少し早めの夕食と練習をしていたのでした。
そして隔週日曜日の早朝レッスンに来る。
その後はすぐに塾へ、塾が終わって家に帰るのは毎日22時過ぎです。
ピアノの練習は週に2回、この隙間時間だけだったのです。

よく頑張った!

部活を引退しても違った意味で部活をしているような2人の生活。
だけど、ゆったりとした癒しの雰囲気をかもし出すのは2人の性格からでしょうか?


さてこの2人へのインタビュー、演奏、サプライズの花束贈呈
これを一挙に動画でご紹介したいと思います。
突然のインタビューにも拘らず立派に話していて
mami先生驚きました

そして、私の目指す教室がしっかりと伝わっていることが分かって
とてもとてもとても感動しました。

二女に
「ママが花束贈呈で泣かなくて良かったよ。」

なんて言われちゃいました

はい、めちゃくちゃ我慢しましたから・笑

花束と一緒に、将来もずっと使い続けてもらいたいと思い
高校生にはちょっぴり贅沢なスワロフスキーで選んだプレゼント
お出かけ用のハンカチーフを贈りました。



▼続きを読む▼


この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


小学3年生2人のたっての希望で選曲しました。

本番まで、動画(映画)でイメージトレーニングをして
練習前に2人でアナとエルサになりきって
歌っていました。
151201_174525.jpg

151201_174547.jpg

151201_174703.jpg

本番の演奏動画です

▼続きを読む▼


ピアノ歴2年7か月のRは
次の発表会でやりたい曲があると言って持ってきた楽譜が
「ラジオ体操第1」
当時ピアノ歴がまだ2年弱でしたから、正直厳しいかな??
と思いながらも、子供のやる気を応援したいのがmami先生!

とりあえず、基礎練習で力を付けて、それから考えよう!
と言う事にして、
8月、そろそろやってみようか?と、練習を始めました。

夏休みは長女も帰ってきたので
レッスンは週に2回位来ていたでしょうか?

少しずつ少しずつ作り上げました。

発表会当日の衣装をどうするか?
さすがに体操着は・・・とママとも話していたのですが
ホールとの打ち合わせにプログラムを持っていき
いろいろ決めていく中で

「ラジオ体操を弾く子がいるんですね
いいですねー、こういうプログラム、楽しいですよねw
体操着で出てくれたら最高ですね


「えっ?体操着で出演してもいいんですか?」

「良いですよー!楽しいじゃないですか!!」

なんていう会話になり、実現したのでした。

太刀川凌介 (9)


さて、リハーサルで教室男子応援団が後ろでラジオ体操をすると言う事は
事前に知っていましたが、

まさか、こんな演出があるなんて
その答えは動画をご覧ください^^

なんでも、袖幕で考えたのだそうです
お客様に楽しんでいただける演出をしたいと

自分の為じゃなくて、お客様のためにって考えるところ!
うちの生徒だな~って思います

そして画像はありませんが、客席の最後尾では
中学生男女が模範の体操をしてくれていたのでした


それからラジオ体操の本番中、袖幕では
次に演奏する3人が、
体操をしていたのだそうです・笑

あまりに可愛らしくて、アナウンスをしながら撮影したそうです・笑
IMG00330.jpg




▼続きを読む▼


本番の画像とともに生徒の紹介を少しだけ。

ピアノデビュー間もないKゃんのセコンドはA!
米山心愛 (3)

以前、Aの成長記録について書いたことがありましたね(笑)
今は生徒であり、楽しい会話が弾む気心の知れた仲間?になってきた感じです。

教室外で
「先生のレッスンには愛があるから~」
と話していると、他の人から耳にして
私が辛口な事を言っても、ちゃんと分かってくれていると
嬉しさと心の温かさでほっこりしました

最近は後輩の育て方について語り合ったりしています・笑

小4の2人
五十嵐千華 (3)

今年は「千本桜」のデュオをしたいという申し出にの返事をしました。
Tはピアノデビュー2年弱です。
仲良しのWと合わせるために、影の努力は大変なものだったはずです。
そして超多忙のわかばも良く頑張りました。
知る人ぞ知るこの曲、高速弾き?な感じで大変なんです。

K
東晃希 (16)

中学生になり部活とスポ少とクラブのはしごで猛烈に忙しく
ピアノを習い続けることも危うい?
と思っていたのですが、スイッチが入ると凄いものですね
どうやって時間を見つけているのか?
と言う感じで、超絶技巧曲の演奏はお客様を魅了していました

そして教室男子の憧れの存在になったことは
言うまでもありません

これからは仲間を育てる立場として教室の心強い片腕として
成長してほしいと思います

M&K
綿貫史聖 (7)

Mは発表会の少し前に左手首を骨折してしまい
発表会参加を断念しなければいけないという流れになっていました

それを救ったのがKです

ギブス姿で演奏するM
綿貫史聖 (8)


Kの優しさは教室の後輩やママ達が絶賛するほどで
小さな気配り、声掛けなど、細部まで気にかけてくれています。


発表会後、沢山の保護者の皆さんや生徒から
御礼のメールを頂きました。
拝読んでいると
教室の中で繰り広げられているドラマ、
また関係者の皆さんが自分の教室として温かくはぐくんでくださっていることが分かります。

このような温かい心を持つ方達が集まるからこそ
人の心を温かく出来る発表会になるのだと思います。

代表してMのママとKのメールを紹介します。
教室の雰囲気が伝わると思います





▼続きを読む▼


新年あけましておめでとうございます。
昨年中は温かいご理解とご協力をありがとうございました。

ピアノとともに、優しい心、思いやりの心、感謝の心を育てる教室として
今年も指導してまいりますので
どうぞよろしくお願いいたします。
みなさまにとって新しい1年が幸せで溢れますように

DSC00234.jpg


littlepianist

Author:littlepianist
新潟県長岡市のピアノ教室 Nakagawa Piano Schoolです。

生涯ピアノを楽しむ事の出来る生徒育成に、情熱を傾けているmami先生の教室&プライベート徒然ブログです。

生徒さんに向けてのお知らせは、パスワード設定をさせて頂いています。


ご質問等は、メールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

趣味ブロの教室ブログランキングに登録しています。
趣味ぶろ 教室ブログランキング
入会に関するご質問、ご相談などお気軽にお問合せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文: