2009 / 05
≪ 2009 / 04   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - -  2009 / 06 ≫

今日は長文です。
覚悟して読んでくださいね~b^^;

上越から引っ越されていらっしゃったという方から
問い合わせの連絡が入りました。

現在小学校5年生の女の子だそうです。

問い合わせの時に、外部の方はこんな事を考えていらっしゃるんですね!・・・という質問がありました。

Q:発表会はどこかの楽器店の発表会に入れてもらっているのですか?
A:いいえ、個人的に開催しています。

Q:何人かの先生で合同の発表会をされているんですか?
A:いいえ、私の教室だけで開催しています。
  演奏会のようなスタイルで発表会で達成感を感じピアノが弾ける喜びを知る子供に
  育ってほしいことから個人に拘っています。
  人数が少ないのでソロ・2台デュオなどを取り入れて
  最低2回のステージで演奏できるようにしています。

Q:生徒さん達はグレード試験などは受けているのですか?
A:いいえ、グレード試験は楽器店の中でのみ有効な資格である事と、
  審査員は楽器店に籍を置くピアノ講師が行っていますので、あまり魅力を感じません。
  その代わりに、例えば中央で活躍されるピアニストの方や大学の先生が審査員を
  されているコンペやステップに参加しています。

Q:先生の教室はかなり真剣ではないと入門できない教室ですか?

A:いいえ、子供達はみんな仲良しで子供らしい良い子達ばかりです。
  保護者の方たちも子供のレッスンを温かくは見守ってくださっていますが、
  決して教育ママ的な方達ではありません。安心しておいでください^^

と言う事で、明日体験レッスンにいらっしゃいます。


新しく転校されてきた小学校はほとんどの生徒さんが同じ教室に通い、
楽器店のグレード試験に目の色を変えていることに驚いたそうです。

正直驚きました。
私も昔々、現場にいましたからね^^;;

6月のステップにエントリーしたのですが、
新潟県で同日に2会場で開催される為、審査員の先生の経歴、
演奏音源などでエントリーする会場を決めました。


今回エントリーする会場で、とても素敵な演奏をされるピアニストの先生がいらっしゃるのです。
賞がどうこうではなく、その方に演奏を聴いていただきアドバイスを頂ける事に意味を感じます。

コンペ等は入賞すれば良い訳ではなく誰に審査されて入賞できたのか
とか、実力のある素晴らしい審査員に講評を頂き、次へつなげる事が大切だと思います。

何かの代表だとか、肩書きではない本質の部分を見極めてエントリーする必要があると考えています。


ところで話は急に教室のレッスンで思うことへ移ります^^;

中2@真凛
レッスン1

中学校では2年生から選択授業が始まります。
ピアノを習っている生徒の大半が音楽をとっているそうです。
NHK合唱コンクールにも選択音楽の生徒達は出場します。
ですから授業であって部活のよう(笑)

今年の課題曲はいきものがかりの"YELL"
伴奏はマリンが担当します^^

小学校高学年から中学にかけて、合唱曲の伴奏も随分大人っぽくなります。
それだけに難しくもなるのですが、こういうときに伴奏として教室の生徒が活躍してくれるのも
教師冥利に尽きる嬉しい瞬間でもあります。

そして、これはどうかとも思いますが、
中学校で伴奏をすると音楽の成績はグンと上がりますよ^^;



続いて小5の優里奈
レッスン2

発表会でカバレフスキー/トッカータOp.40-1を演奏します。
選曲の際、曲を弾いてみると
「あっ☆これはこの子に合っている!」
「この子に弾かせたい!!」
というインスピレーションが沸いてきます。

カバレフスキー/トッカータOp.40-1は直ぐに優里奈に弾いてもらいたい!!
と思いました。

はじめてこの曲を聴かせた時・・・不安そうな顔で若干涙目^^;
今までよりもレベルアップした作品に驚いたようです^^

私が何故この曲を優里奈に弾かせたいと思ったかなど、
話して聞かせました。

途中でめげてしまいそうになった時もありましたが、彼女は頑張ってくれました^^

そして現在は画像の通り、気持ちよさそうに弾いています^^

先日彼女に聞いてみました。

「ねぇ、最初は難しそうだって仕上げられるか不安で泣いた事もあったけど頑張ってよかったでしょ」

大きくうなずき今は自信に溢れて見えます。

デュオ曲もチャイコフスキーのバレエ曲から選曲し
今年はグンとレベルアップ!

彼女に限らず、5年生くらいになると、とても成長を感じます。

継続は力なり!!


発表会まで2ヶ月半!!
来月からコンペの課題にも取り組み始めます!!

色々な経験をつんで、大きく成長する子供達を見ることも
楽しみの一つです^^


皆さんこんばんは~
発表会追加レッスンも順調に進んでいます^^

全く気付いていなかったのですが、休みが無い状況になっています^^;;


何とか6月中には形にして、出来れば6月末から弾き合い会をしたいと思いますので
皆さんも頑張って練習してくださいね


さて今日のレッスン風景より
入門して1ヶ月を迎える柚希ちゃんです。
yuki4.jpg

頑張って練習しています
宿題は“/”←の印のところまでだったのですが、次の曲も練習してきたんですって^^

でもそれを恥ずかしくて言葉で伝えられないから
ご覧の通り^m^
可愛らしい文字で“ひきました”と書いてありました^^
yuki1.jpg

“ひきました”の文字は、
次のページにも、その次のページにも、そしてそのまた次のページにも

画像を見ると大人っぽく見えますが
足元は・・・足台を最高に高くしています^^;

yuki2_1.jpg



夫主催の少年部対象の“2009 サバキ・スペシャリスト・カップ”が開催されました!
富山支部@山口リーダーにも審査員としておいでいただき、充実した試合となりました。

試合上位3人にはトロフィー、その他には縦やメダルなどがもらえる試合なので
子供達は今日に向けて、かなり頑張ってきたようです。

トロフィー類、やっぱり子供達は憧れるみたいですね^^
今年のピアノ発表会ではちょっと企画を考えてます^^

P1020346.jpg


まずは型審査
ピアノの生徒たちもご覧の通り頑張りました◎
美優
P1020246.jpg

りか子
P1020249.jpg

そして組手(愛梨のお兄ちゃん@緑帯)
P1020333.jpg

トロフィー♪

P1020360.jpg

愛菜
P1020352.jpg

※ちなみに美優&りか子そして愛梨のお兄ちゃんもトロフィーGet出来ました^^w


おめでとう~^o^


トロフィーをもらって嬉しそうな子供たち♪
みーーーんな学区が違う子供たちですが仲良しです^^
P1020372.jpg

P1020371.jpg


さて、夫の初期の生徒たちも高校生です。
今日は大会のサポートを頑張ってやってくれました。

高校生による最後の演武は保護者の方たちから歓声が上がるほど盛り上がりました^^
子供たちの憧れの存在です!
P1020228.jpg

殺伐とした世の中で、学区も年齢も違う会員同士(大人も子供も)が同じ目標に向かって
頑張っている姿はとても好感が持てます。


次は6月の審査会です!
みんな頑張ってね~!!!!



littlepianist

Author:littlepianist
新潟県長岡市のピアノ教室 Nakagawa Piano Schoolです。

生涯ピアノを楽しむ事の出来る生徒育成に、情熱を傾けているmami先生の教室&プライベート徒然ブログです。

生徒さんに向けてのお知らせは、パスワード設定をさせて頂いています。


ご質問等は、メールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

趣味ブロの教室ブログランキングに登録しています。
趣味ぶろ 教室ブログランキング
入会に関するご質問、ご相談などお気軽にお問合せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文: