2009 / 02
≪ 2009 / 01   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  2009 / 03 ≫

インフルエンザの猛威、すごいですね~!

小中学校共にA型とB型が教室の中を入り混じっているようです。
Rのクラスは今日は5人休み、5人早退。
お隣のクラスは学級閉鎖中です。。


上の娘は
「もう学校へ行ってもいいんじゃない?」
と思うほど元気です・・・・が、登校許可は月曜日からです。。

下の娘も一昨日から微熱、元気はありましたが念のため休ませていました。
明日から登校する予定でいたのに・・・・
私が仕事から戻った20時30分。

頭が痛いと言うので熱を計ったら、ナ・ナント38.5度!!!

昨日から夫には病院へ連れて行くように言われていたのに
大した事なさそうだから大丈夫と言っていた私の立場は・・・・( ̄Д ̄;;

慌てて救急外来へ連れて行くことにしたのですが、
総合病院の救急外来に行った場合、翌日も診察を受けに行かなければ行けません。

小児科は半日仕事・・・年度末で忙しいのでちょっとキツイ^^;

喘息の時はお世話になっていましたが、小学校に上がってからはトンとご無沙汰しています^^;


父に相談したところ、ナイスな助言をしてくれました。
中越こども急患センターに連れて行ってはどうかと。


早速ネットで調べると21:30まで受付。
翌日の診察はかかりつけの病院でOK^^
直ぐに連絡を入れて症状を説明し家を出発!

順番を待つR・・・一人診察中なだけ♪
待たされないでよかった~^^
救急外来


私もそうですが、救急外来=総合病院・・・と思われている方が多いんでしょうね。
普通この時期のこの時間に総合病院の救急外来に行ったら、
救急じゃないくらい待たされるのですが、5分くらいで診察してもらえました^o^

検査の結果、インフルエンザは陰性でしたが、長女の例もあるので
明日もう一度、掛かりつけの病院へ行ってみようと思っています。


さて、今日診ていただいたお医者様。

小千谷市で「にたはらこどもクリニック」を開業されている仁田原義之先生と言う方です。

キャリアを感じる的確な説明、暖かく優しいオーラのある
そして昔ながらの医師らしい安心して子供を診て頂ける感じの先生でした^^

先生の名前をクリックして頂けると、自己紹介が見れますが、
小児科医のセカンドオピニオン!
素晴らしいです。


近かったら是非お世話になりたいところです^^;

明後日はレッスン!

なんとしても今日明日で治ってもらわなければ!
皆さんにうつすわけには行かないので、明日は空気清浄機を購入してこようと思います!


皆さまも、もしもの救外はここ、おススメですよーー!
小児科だけではなく、内科、歯科もありますよ~♪


ところで、娘たちの他に珍しく夫が体調を崩しています。

いつもは悪妻ですが、今日はちょっと奮発して
夫の生まれ故郷の果物を購入してきました^^w

晩白柚(ばんぺいゆ)
晩白柚

大きさはリンゴと比べるとこんな感じ・・・デカイ!!
お味はグレープフルーツをもっとジューシーで香り豊かにした感じです♪
晩白柚2



選曲の方法は先生によって全然違うかもしれません。

私の場合、
「今年はこんな感じで♪」
と言う、大きなイメージから始まります。

大まかな構想が沸いてきたところで

楽譜やCD、ネットの動画などをチェックしながら
「あっ、この曲は●●に弾いてもらいたいな~」
「これは絶対●●に合っている^^」

そしてステージで演奏している生徒達を想像してニヤニヤ。
家族の問いかけも聞こえてきません^^;

とっても楽しい時間です。


さて、今年は大きな区切りの年になりそうです。

と言うのも、私の片腕であり、教室のアネゴとしてみんなを取りまとめてきてくれた
T香が卒業演奏の年だからです。

大学卒業後、地元に就職し
教室に戻ってきてくれたら最高に嬉しいですけどね☆.。.:*・°


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


小学5年生の秋、全くの初心者として入門してきたT香。
とにかく暇さえあれば練習している子でした。

あっという間にグングン上達し、みんなの憧れの先輩、
頼りになるアネゴ的立場となりました。


高校受験を間近に控えた頃だったと思います。
宿題は必ず弾けるようにしてくる!
家庭での練習は想像がつきます。

ある時私はこんなお願いをしました。

「頼むから、これ以上練習してこないで!」

f(^^;)

おかしな話ですが、彼女は宿題以上に弾いてくるのです!

こちらが心配してしまうほどでした。


T香があと1年で教室から巣立つと思うと
何だか複雑な想いです。。




そこで、過去にあっこちゃんに晴れ舞台を設けたように
今年はT香の花道としてあげたいのです。


ここ数年、デュオはセコンドばかり何曲も抱えたり、
後輩をサポートする立場ばかり。。


彼女が居たからこそ出来たデュオは数多くあります。

急なパートナーチェンジで1ヶ月と言う短期間で練習してくれた事も
何度もありました。

何かトラブルがあったときに、いつも助けてくれたのが彼女なのです。

ソロ曲は幸せな将来が待っていると予感させる、素晴らしい作品に決めましました。
そしてデュオもなんとなくイメージが出来ました。

あとはソルフェージュクラスのときに話し合って決定したいと思います。


その他にも、今年は新しい取り組みも予定しています!

どうぞお楽しみにo(^o^o)(o^o^)o






これは私の経験からなのですが、
初見力は、成長するにつれて生徒の伸び方にものすごく影響してきます。

ですから教室では初期の段階から当たり前のように一人で読めるように学習して行きます。

勝手に命名した螺旋階段方式、ピアノの公文式(笑)
類似した教本を同時進行することで、子供達は負担なく譜面が読めるようになっていきます。

12月に仲間入りした年長のYちゃんも、1月から仲間入りした同じく年長のTちゃんも
すらすらと譜面が読めるようになりました。


ソルフェージュクラスデビューもそう遠くないでしょう♪





さて、小学3年生のA。
発表会後、新たにチェルニーに入りました。
今日は新曲の譜読みです。

まずは右手
亜海1

続いて左手
亜海2

最後は両手
亜海

しっかりと弾けました^o^v

美しく弾く事も子供のうちから学ぶ重要な課題です。
子供だからとべちゃべちゃした音で練習していては良い耳に育ちません。
それにその悪い弾き方は成長したからと言って
抜けるものでもありません。

子供のイメージする力は偉大です!
想像の膨らむ言葉でちょっとアドバイスしてあげると、音色は一皮向けてしまいます。


保護者の皆さまも、お子さんの練習する音に耳を傾けてみてください^^


littlepianist

Author:littlepianist
新潟県長岡市のピアノ教室 Nakagawa Piano Schoolです。

生涯ピアノを楽しむ事の出来る生徒育成に、情熱を傾けているmami先生の教室&プライベート徒然ブログです。

生徒さんに向けてのお知らせは、パスワード設定をさせて頂いています。


ご質問等は、メールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

趣味ブロの教室ブログランキングに登録しています。
趣味ぶろ 教室ブログランキング
入会に関するご質問、ご相談などお気軽にお問合せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文: