2017 / 07
≪ 2017 / 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 / 08 ≫

保護者の方や保護者の方たちの知人から伺った内容を
Q&Aとしてこちらでもお知らせしたいと思います。

皆さんも何か気になることなどありましたら
是非ご質問くださいね(^-^)/

Q.なぜ小さな子供でもスラスラ音符を読んで弾けているのですか?


A.
このことについて、皆さん驚かれますね・笑

娘たちの幼少期、「右脳式幼児教育」の教室に通っていました。
ここで行われている授業内容、
指導の仕方によってはピアノでも出来ると感じていました。

そこで母親対象の右脳教育講座受講、
それと同時進行で学んでいた「コーチング」
コーチングは当時、多分相当最先端の学びでした。

そこに
ピアノを学ぶ娘を持つ母の気持ち
ピアノを習う娘の気持ち
などなど
色々が融合して現在行っている、
当教室オリジナルレッスンスタイルとなりました。

短時間にスピーディーかつ大量に、スタートダッシュ!
ワクワク面白く、楽しく!
もっとやりたい!!というところでレッスンが終わります。←これが重要です。


右脳式幼児教室では当時、
ピアノの約4倍くらいの月謝×2人分でしたが
現在の指導スタイルを築き上げるための授業料だったように思います。


継続して学んでいたことが身となり、
生徒たちにつなげて行けたと思っています。

小さな子供は
一人で読める、弾ける☞楽しい☞だからどんどん練習しちゃう

となります。

ひとりで!

というところが重要です!
そしてママやパパは「褒め役担当」をして頂きますo(^▽^)o

親が手をかければ小さいうちはいくらでも出来るようになります。
いや、できた風になります。

しかし、いつまでも親がかりの練習スタイルを続けられるわけではありません。

うるさく練習するように言う(付き合う)☞表向き弾けた風になるけど好きじゃない☞お年ごろにはピアノから離れる

口は出さず目は離さず、放任とは違います。
上手く導くのです。
そして毎日、できれば同じ時間に練習する習慣をつける。
やったりやらなかったりでは上達しにくいです。

保護者の方たちにもご理解いただき、これを実践していただいているお陰で
生徒達はのびのびと楽しく、しかも読めて弾ける子として成長しています。

春の生徒募集中です!
確実に読めて弾ける!
そしてピアノ大好きな子供になります。

たくさんの温かい仲間が待っています。

私たちと一緒に音楽を楽しみませんか?
_20170217_121217.jpg

お問い合わせ、ご質問等はブログ右上の
「問い合わせフォーム」よりお気軽にご連絡ください。


littlepianist

Author:littlepianist
新潟県長岡市のピアノ教室 Nakagawa Piano Schoolです。

生涯ピアノを楽しむ事の出来る生徒育成に、情熱を傾けているmami先生の教室&プライベート徒然ブログです。

生徒さんに向けてのお知らせは、パスワード設定をさせて頂いています。


ご質問等は、メールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

趣味ブロの教室ブログランキングに登録しています。
趣味ぶろ 教室ブログランキング
入会に関するご質問、ご相談などお気軽にお問合せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文: