2017 / 04
≪ 2017 / 03   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2017 / 05 ≫

14年前のお正月
「世間知らずすぎるから、外に修行に出た方がいいんじゃないか?」
と、夫の発した言葉に
売り言葉に買い言葉?

家族で帰省していた義弟に
「私が働けるところない?」
と言ったことがきっかけで、
冗談のつもりが本当に義弟が動いてしまい
忘れもしない平成14年1月7日、
断ることのできない面接を受けることになりました。

そして慌ててパソコン教室に通い、4月から修行に出ることになりました。

人としての修行のためにと務めたのは
義弟の紹介による、某国立大で教授秘書という仕事。

ピアノ以外知らなかった私の冒険の始まりでした。
失敗たくさん、ご迷惑もたくさんおかけしました:(´◦ω◦`):

2年務めたところで当時お世話になっていた
研究室の教授が学長になられるのを機に
現在の先生の研究室に移りました。

内緒の話、当時はとてもとても厳しい先生と思っていましたが
それは私が甘い人間だからそう感じていただけであって
働けば働くほど、ここで共に仕事をさせていただける喜び、
凄さとかありがたさとかを感じる毎日でした。


勤務はピアノや子供のことなどを優先させていただくという
わがままいっぱいのスタイルでしたが、快く応じてくださっていました。
(それは最初の研究室も同じようにピアノと子供優先とさせて頂いていました。)

厳しさとチームワーク、世界の方たちを相手とする仕事
私の日常とは全く違った世界が広がっています。
ここでの修業がなかったら、今の私はいなかったと思います。


先生とは年齢も近く
当時30代だった私たちも50代になり随分丸くなりました(体も心も)

そしてどれだけの学生を先生とともに送り出したことでしょうか。

この分野の研究では世界トップを誇る方で
各国から留学してきている学生は、帰国すれば大学の先生や企業での研究者として
活躍する立場の方たちです。

しかしみんな温かく気さくで優しい人ばかり。
日本人が忘れているものを思い出させてくれる場所でもありました。

日本人学生の皆さんの活躍も言うまでもありません。
国内はもちろん海外にも羽ばたいています。

今でもOBとは東京で会ったりしています。

会えば研究室での思い出話や現在の仕事のこと、現在の研究室のこと、
家族や子供のことなど、おしゃべりは尽きません。


ここで学んだ色々が、
ピアノ教室を主宰していく上での考え方などにも繋がりました。

また、各大学や高専の先生方や共同研究を行っている大企業の方達など
大勢の方たちと知り合うことができ、つながりが全国(いや世界)にまで広がりました。

研究と芸術はとても似ていますので
先生と長い時間いろいろ語ることもしばしば。

そして学生たちはゼミの一環として
ピアノ教室のイベントに顔を出してくれて
そこで生徒たちや音楽家の姿を見ては、
自分の研究と重ね合わせていたようです。

さて、私は今日で長く過ごしたこの研究室をひとまず卒業します。

分野は違いますが
ここで学んだことを、教室はもちろんですが
地域の方たちにも音楽を通して広げられるよう
邁進していこうと思います。

研究室の皆さん、本当にありがとうございました!
チープな言葉ですが楽しかったです。

後半は学生のお母さんたちより年齢は上がり
口うるさいこともたくさん言いましたね。

しかしこれもすべて愛情です。
社会に出たらたくさんの部下を持つ立場になるでしょうから
人としても立派になってほしいと思います。

そしてK先生
本当にお世話になりました。

先生のもとで一緒に働かせて頂けたことは
決して買うことのできない宝物です。

研究と音楽、それぞれの道を進んでいきましょう。

そしてたまに顔を出させていただきますので
よろしくお願いいたします。(*^_^*)



▼続きを読む▼


新年度を間近に、新しく仲間入りする生徒さんがたくさんいらっしゃいます。

数ある教室に中から当教室をご選択いただき
入門していただける事、心から感謝申し上げます。

ご縁を大切に、わが子を育てるように生徒達とともに歩んでいこうと思いますので
どうぞよろしくお願いいたします。

さて、この春から娘も演奏活動とともにピアノ指導にも携わります。

娘にはたくさん伝えたいこともありますが
長年傍らで私の指導する姿、生徒たちとの関係を見ていますから
きっと言葉にしなくても分かってくれていることと思います。

あるお母さんがおっしゃっていました。
ここは"HOME"だと。

子供が成長するにつれていろいろな方面に飛び立ちます。
飛び立ったとしても、変わらず迎え入れてくれる場所。

そんな温かい環境でありたいと思います。

長年生徒さんたちをお預かりしていて思うのは
一人一人にそれぞれのストーリーがあり、どの子も本当に愛おしいです。

私が大切に育てている生徒達、
娘も時々サポートに入りますが、全力で一生懸命指導するのは当たり前ですが
私の思いと指導を引き継ぎ
学び続けている演奏する立場からのテクニック、技術、表現力など総合的な指導、
たくさんの音楽家の方たちとの勉強会で学んでいること、
ピアノに厳しい母のもとで(笑)過ごした子供時代があったからこその指導(メンタルを含め)
今度はお姉さんの立場としても寄り添ってあげてほしいです。


▼続きを読む▼


卒論関係で、発表会前日の夕方にバタバタと長岡入りし
愛と一緒に練習をしてゲネプロ会場へやってきて
発表会を終えて、またまたバタバタとその日のうちに東京へ戻った長女から
連絡がありました。

今日は師事している教授のピアノレッスン。
ピアノだけではなく、その時々に必要な
人として、音楽人として
どうあるべきかもご指導いただいています。

導く立場はピアノだけ指導すればいいわけではありません。
もしそこがしっかりと指導されていなかったら
結局何も残らないのです。
どの世界も、わかる人にはわかるのです。

教授のご指導が素晴らしすぎて、ありがたくて
本当に娘をここまで成長させてくださったことに
あらためて感謝の気持ちで一杯です。

キーワードはやはりあの言葉でした。

お世話になっているピアニストの方からも
お仕事の話をまたまた頂き、
音楽事務所の方からも、細かなご指導を受けています。
周りの方に正しく成長するために
厳しくも温かく導いて頂いていることに
深く深く感謝です。

常に謙虚に、おごらず、
学ぶ姿勢はもちろんですが
感謝を忘れず、一歩一歩
歩んでいってほしいです。

そして現実もしっかり見据えること!

導く立場に立つ人の大切さも改めて感じています。
mami先生、
これからも一生懸命、本気の指導をしていきますので
宜しくお願い致します( ̄^ ̄)ゞ
DSC_1377.jpg
発表会用のアイシングクッキーを作っていただいた
洋菓子店からお菓子と一緒に
温かい言葉の詰まったメッセージカードが届きました。
真心、伝わりました。
ありがとうございます


いよいよ弾き合い会が始まりました❗

お友達の演奏を聴くこと、
人前で弾くこと

短時間なのに
凄く大切な時間だと言うことが分かりますね。

みんなの演奏を聴きながら
発表会をどんな感じで演出することが
どんな感じでプログラムを並べることが
お客様に喜んでいただけるか
イメージしています。

昨日は発表会の核となる部分のイメージが明確になりました。



▼続きを読む▼


ピアノ教室を主宰して四半世紀。
週末は音大時代の友人と久しぶりに集まります。

一緒に上京した3人がそれぞれの道を歩み
たまに集まって、一瞬にして学生時代にタイムスリップ!

不思議ですね。

さて、今日は学生と少しおしゃべりをしました。
話しているうちに若いころからのことがよみがえってきました。

なので、現在に至るまでを少し書き留めておこうと思います。


▼続きを読む▼


littlepianist

Author:littlepianist
新潟県長岡市のピアノ教室 Nakagawa Piano Schoolです。

生涯ピアノを楽しむ事の出来る生徒育成に、情熱を傾けているmami先生の教室&プライベート徒然ブログです。

生徒さんに向けてのお知らせは、パスワード設定をさせて頂いています。


ご質問等は、メールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

趣味ブロの教室ブログランキングに登録しています。
趣味ぶろ 教室ブログランキング
入会に関するご質問、ご相談などお気軽にお問合せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文: